XジェンダーがLGBT対応の美容院に行ってみた!感想まとめ

こんにちは、結城ぱいん(@YuukiPine_)です。

私は身体的性別が女性ですが、自分のことを女性とも男性とも分類できないと感じているXジェンダーです。

Xジェンダーとして自分らしく生活をしようとすると何かと悩みも多いものですが、地味に困るのが美容院選び
今までなかなかしっくり来る美容院がなかったのですが、先日LGBT対応の美容院を教えてもらったので、髪を切ってもらいに行きました。

その感想をちょっと書いてみようと思います。

実はLGBTには難しい美容院選び

LGBTなどのセクシャルマイノリティの人がトイレや温泉で困るという話は、以前の記事で書きました。

yuukipine-lifelog.hatenablog.com

一方で「美容院は何が問題なの?」と思う方は多いでしょう。

でも、実際は美容院選びも、地味に難しかったりします(汗)

理由は大きく分けて2つあるので、まずは軽くご説明します。

①雑談の内容によってはしんどくなることがある

美容院に行くと、美容師さんと雑談をすることもあると思います。
仕事や学校の話、イベントの話、おすすめのカフェの話…。
こういう雑談はまあ大丈夫なのですが、振られるとしんどいのが恋愛に関係する話

最近はセクハラ対策などが徹底されているので、直球で「恋人いるの?」と聞かれることは少ないかもしれませんが、例えば「好きな芸能人のタイプは?」と振られた人がもし同性愛者だったらどうでしょうか。

同性の芸能人は答えづらいかもしれませんし、かといって特に興味のない異性を挙げるのも、自分のキャラを設定しているみたいな感じがして抵抗があるでしょう。
他にも、異性にモテる服装をアドバイスされることがあったり、何かのきっかけで恋愛観に関する話になったりすると、困惑してしまう当事者も多いはずです。

もちろんこれは、美容師さんを責めるわけではありません。

恋愛の話はありふれたテーマですし、言わなければお客さんがLGBTかどうかなんて分からないわけです。

ただ、こちらとしては地雷を踏み抜かれた気分になってしまう…。

そんな経験を繰り返すうちに、美容院から足が遠のいてしまうんですね。

②性別違和のある人は髪型を相談しづらい

LGBTの中でも性別違和のある「トランスジェンダー」や、私のように「Xジェンダー」を自認している人は、雑談で気まずい思いをするのに加え、髪型を相談しづらいという悩みがあります。

当然ですが美容師さんは、女性が来たら女性に似合う髪型、男性が来たら男性に似合う髪型を提案します。
そのため、例えば私の場合だと、いくら「髪は短く切ってください」と頼んでも「女性らしいショートカット」になってしまうんですよね。

Xジェンダーで、どちらかというとメンズ寄りの髪型の好きな私のイメージとは違います。

ここでカミングアウトする度胸のある人はいいのですが、なかなかそうはいかないという当事者の方も多いでしょう。
結局、性別違和のある人は、自分の思い通りの髪型を手に入れるのが難しくなってしまいます

LGBT対応の美容院に行った感想

前置きが長くなってしまいましたが、本題に入ります。

私が地元のLGBT対応の美容院を知ったのは、セクマイの人が集まるバーで紹介してもらったのがきっかけです。

ここなら通えるかも!と思い、さっそく行ってきました。

その感想を以下に挙げます。

雑談の話題が配慮されていると感じた

私はXジェンダーであることに加え、性的指向は「パンセクシャル」です。
パンセクシャルについてここで説明すると長くなってしまうのですが、簡単に「性別に関係なく恋愛対象になる人(バイセクシャルに似ている)」と理解していただければと思います。

そのため、恋愛観が多くの人とはちょっと異なるのですが、LGBT対応の美容院では恋愛について話題にのぼることはありませんでした。

このあたり、配慮してもらえたのかなと感じます。

また、恋愛のこと以外でも、プライベートにちょっとでも踏み入るような質問には「嫌なら答えなくていいけど」と前置きしてもらえたので、すごく気楽でした。

セクシャルマイノリティでなくても、聞かれたくないことや苦手な話題は誰だってあると思うので、LGBT対応の美容院はみんなに優しい場所だといえるかもしれません。

髪型の相談が思い通りにできた

普段は美容院でXジェンダーをカミングアウトすることに抵抗を抱いている私でも、LGBT対応ということで、今回は勇気を出して「ツーブロックにしたい」と言えました。

私はずっとずっとツーブロックに憧れていたのですが、今までなかなか言い出せなかったんですよね…。

でも、美容院に行くからには、やっぱり希望通りの髪型にしてもらいたいじゃないですか。
ごく当たり前のことなのですが、我慢していたことがようやく実現して、すごく嬉しかったです。

ちなみに、ツーブロックは周りの知り合いにも「イメージ変わったね!」と好評だったので、次もこれでお願いすると思います(笑)

悩みやLGBTあるあるに共感してもらえた

あとは、LGBTあるあるに共感してもらえたのも嬉しかったです。

「他の美容院では、美容師さんとの雑談で気まずい思いをしてしまったんですよね…」と話したら、「そうですね、せっかく髪を切りに来たのに気分が下がってしまうのは残念ですよね」と理解してもらえて、ものすごく感激しました。

なぜこんなにもLGBTフレンドリーなのか尋ねたところによると、美容師さん自身がゲイなのだとか。
それを知って、さらに安心しました。

私も含め、セクシャルマイノリティの人は、自分だけがおかしいんじゃないだろうかという錯覚に陥ってしまった経験もあると思います。

そんな時、理解者がいるという事実はとても勇気づけられますね。

Check!

美容院で理解を得られてとても励まされた!

【番外編】LGBT対応の美容院が近くにない時は

私が住んでいる場所は都市部なので、いくつかLGBT対応の美容院もありますが、地域によってはなかなか見つからないこともあると思います。
そこで、セクシャルマイノリティの方が快適に美容院を利用するコツについて少し解説します。

極力話しかけないようにしてもらう

雑談の内容によって嫌な思いをしてしまう方は、美容院に行った時に初回のアンケートで「人見知りなので静かに施術をしてもらいたいです」などと書くのをおすすめします。
そうすると美容師さんは雑談をなくし、必要最低限の会話だけで髪を切ってくれるはずです。

これなら安心できるのではないでしょうか。

ネット予約の備考欄を活用する

今ではほとんどの美容院がネット予約に対応しています。
予約サイトにもよるのかもしれませんが、私が使用するサイトでは、ネット予約をする際に備考を書ける欄があります。

私は、LGBT対応でない美容院を使っていたときは、いつも「ボーイッシュになりたいです」と書いていました。

このように、希望の髪型を面と向かって言いづらい場合は、備考欄に書いておくと精神的に楽かもしれません。

LGBT対応の美容院はみんなにフレンドリーな場所かも

今回LGBT対応の美容院に行って思ったのは、「セクシャルマイノリティの人に限らず、みんなが利用しやすそう」ということです。

プライベートに深入りされないこと、嫌な話は嫌と言えること、属性にかかわらず好きな髪型にできること…。

これは実は、誰に対しても大切な配慮じゃないかと思います。

決して今ある美容院がダメというわけではないのですが、こういう優しい場所が増えていくと、みんなが少し生きやすくなるのかもしれません。

精神障害者手帳は就職にデメリット?そう言われる理由と現実のギャップ

こんにちは、結城ぱいん(@YuukiPine_)です。

私は発達障害精神疾患精神障害者保健福祉手帳を取得しており、先日そのメリットとデメリットを紹介しました。

yuukipine-lifelog.hatenablog.com

ただ、最初に申請する時に親から「就職の時にデメリットにならない?」と心配されたんですよね…。
それに、実際SNSを見ても、同じようなことで悩んでいる人がいるみたいです。

でも、私は手帳があるからといって必ずしも不利になるとは思いません

じゃあなぜ「就職の時にデメリットになる」と言われてしまうのでしょうか?
今回は、精神障害と就職について考えてみます。

f:id:yuuki-pine:20220408170746p:plain

精神障害者手帳が就職の時にデメリットになると言われるのはなぜ?

精神障害者手帳を持っていると、就職の時にデメリットになってしまうことはあるのでしょうか?

事実だけを見るなら、これは残念ながら「ある」と言わざるを得ないと思います。
それは、精神障害に対する偏見や、給料の低さが主な理由です。

ただ、これらのデメリットについては、ある程度回避可能だと私は考えていますが…。

ひとまず、以下に詳しく解説します。

精神障害に対する偏見がある

まずは偏見について。

障害者は誰でも偏見の目を向けられがちですが、中でも精神障害については「甘えだ」とか「危険人物かもしれない」と考える人がまだ少なからずいるようです。
そのため、就職の時に良くない印象を持たれてしまう可能性が否定できません

また、たとえ差別意識がなくても、目に見えない障害であるだけに配慮が難しいという問題があります。

結果的に、精神障害者手帳があると就職しづらく、デメリットになりうるのです。

障害者雇用の給料は低くなりがち

また、障害者雇用の給料が低いという問題もあります。
実際、私は障害者雇用で働くために仕事探しをしたことがありますが、軒並み最低賃金の求人ばかりでした(泣)
これでは確かにデメリットですね。

ただ、これはハローワークでの話です。

障害者向け就職エージェントに登録すると、学歴やスキルによっては高収入も期待でき、私もそれなりに高待遇な求人を紹介してもらえました

結局そのエージェント経由では就職せず、今は別の働き方をしていますが、障害者雇用は悪い条件ばかりじゃないと知ることができて良かったです。

精神障害者手帳は見方によってはメリットにもなる

f:id:yuuki-pine:20220408170940p:plain

あらためてデメリットを見直すとけっこう渋いですが、精神障害者手帳があることは、見方によってはメリットにもなると思います。
その理由を書いてみます。

障害者雇用で安定して働ける

精神障害者手帳がないと、一般の人と同じように働くことになります。

すると、体調が悪くなっても早退しづらいですし、通院のために休みが必要だとしても理解してもらうのが難しいかもしれません。

たとえ一般雇用の方が給料が高くても、仕事内容や時間の面で配慮を受けられず、悪化してしまっては元も子もないでしょう。

健康はお金以上に大切だと私は考えていますし、先ほど述べたように、エージェントを利用すればある程度高待遇の求人も見つかります。

そのため、障害者雇用で働けることはメリットだと思います。

②無理解な職場を避けられる

精神障害者手帳があることが原因で採用してもらえないとしたら、それはとても残念なことです。
でも、逆に考えると、そんな偏見のある職場はこちらからお断りですよね(笑)

たとえ運よく就職できたとしても、後で苦労するのは目に見えています。

そういう意味で、精神障害者手帳はデメリットである一方、お守りとしての役割を果たしていると考えられるかもしれません。

③税金の控除が受けられる

障害者手帳を持つ人は所得税相続税の控除を受けられます。

精神障害があると、疲れやすくて長時間働けないなどの理由で収入が低くなってしまいがちですが、控除があれば少しは楽になるのではないでしょうか。

大きな控除ではありませんが、毎年積み重なることでメリットを感じられるようになると思います。

精神障害者手帳でデメリットを受けないためには

f:id:yuuki-pine:20220408171112p:plain

このように、精神障害者手帳があることにより助かる部分も多いのですが、それでもやはりデメリットが気になるという方がいらっしゃるかもしれません。

ただ、以下のような対策をすれば、就職の時のデメリットを考える必要はなくなると思います。

  • 病状が改善したら更新しない
  • 手帳のことを申告しない

精神障害は、身体障害や知的障害と違い、治療によって改善する可能性があります。
そのため、2年に1回、役所に診断書を提出して更新しなければなりません。

つまり、生活に困っているときに一時的に手帳を取得し、就職を検討できるようになったら更新せず手帳を手放すということが可能なのです。

また、手帳を持っていることを申告せずに、一般雇用で就職するという方法もあります。

合理的配慮や控除は受けられなくなりますが、どうしても働きたい職場が障害者雇用を行なっていなければ、申告しないのもひとつの手段かもしれません。

Check!精神障害者手帳によるデメリットは回避できる!

精神障害者手帳があるからといって就職で困るとは限らない

精神障害者手帳があると就職の際にデメリットになってしまう可能性はありますが、それだからといって取得しないのも、いざという時に心配だな…と私は思います。

デメリットを回避する方法は存在するので、精神疾患を抱えているならひとまず取得しておいて損はないのではないでしょうか。

悩む場合は、医師などに相談してみるといいかもしれません。

病院でADHDとアスペルガーが発覚…診断当時の経験を書いてみた

こんにちは、結城ぱいん(@YuukiPine_)です。

私が病院でADHDアスペルガー、要するに発達障害の診断を受けたのは、かれこれ8年ほど前になります。

当時の私は、高校を中退した引きこもりの16歳。
自分が発達障害であるという事実をなかなか受け入れられませんでした。

時が経つにつれてその時のことを忘れつつあるので、今回はそのエピソードを、覚えているうちに書いていこうと思います。

f:id:yuuki-pine:20220310001133j:plain

ADHDアスペルガーの診断のために病院で検査した内容

私の場合、ADHDアスペルガーなどの発達障害を疑う以前に、まずメンタルがやられていました。

しかもそこそこ深刻な状態だったので、クリニックから入院施設のある精神科病院まで即紹介状が出ました(汗)

そんなわけで、もしかしたら他の発達障害の方より念入りに検査されているかもしれませんが、何かの参考にしていただければと思います。

①生育歴の問診

まずは生育歴の問診がありました。
生まれてから今まで、どのような性格で、どのような特性があったか…などを1時間くらい聞かれた気がします。

これは私自身だけではなく、親も交えて話をしました。

同席した母親が私にとってちょっと「毒」な人だったので混乱もあったのですが、まあそれはいずれお話しします。

友達は多かったか、イジメに遭わなかったか、得意教科と苦手教科は何か、みたいなことも質問されました。

これだけで発達障害は診断できないと思いますが、参考材料のひとつとして、医師はカルテにいろいろ書いていました。

②知能検査

次に知能検査を行いました。

当時の私は16歳だったので制度上は児童にあたり、成人向けのWAISとは違う「WISC」という知能検査だったと思います。

いくつかの指標得点があり、詳しい内容はちょっと忘れてしまったのですが、とりあえず私は言語性IQが142、動作性IQが98だったのを覚えています。

平均的には高いIQなので一安心…と思いきや、問題なのは言語性IQと動作性IQの差。
この差のことを「ディスクレパンシー」と呼び、値が大きいと発達障害の疑いありとなるみたいです。

私の場合はもう圧倒的ですね。

生育歴と同様、知能検査だけで即座に診断が下りるわけではないようですが、かなり雲行きが怪しくなってまいりました。

心理検査

続いて心理検査です。

紙に自由に木を描く「バウムテスト」と、インクの染みを見て連想したことを伝える「ロールシャッハテスト」を受けました。

私は心理学なんて知らないので、どういうメカニズムなのかさっぱり分かりませんが、とりあえず「心理的にとても不安定な状態にある」ということは指摘されました。
うつ状態だったので当然といえば当然ですが、そうでなくても発達障害の人は生きづらさを抱えて、不安定になりやすいらしいですね。

MRI

最後の検査はMRIでした。
当時はなぜMRIを受けたのかよく分かっていなかったのですが、障害者支援サイトで調べてみると以下のような内容が。

発達障害の中にはてんかんとの合併リスクがあるものもあるため、場合によっては脳に器質的な疾患や以上がないかどうかCTやMRIをとったり脳波検査を行うことがあります。

LITALICO発達ナビ

これを見るに、どうやら必ずしも必要な検査というわけではないようですが、私はかなり念入りに調べられたみたいです。

病院でADHDアスペルガーが判明した当時の気持ち

f:id:yuuki-pine:20220310001218j:plain

病院で診断を受けた私は、かなりショックでした(泣)

それまでずっと「優等生」として、先生から褒められ期待されてきた自分。
メンタルを病んで高校は辞めてしまったけど、それでも発達障害なんてありえないと思いました。

今考えてみれば、それは発達障害に対する偏見としか言いようがありませんが、それくらい落ち込んだし、信じられない気持ちでいっぱいだったのです。

そして同時に、「これからどうやって生きていこう」と思って怖くなりましたね。
自分では普通だと思っていたことが、実は周りにとっては普通じゃなかったかもしれないなんて、考えるだけで恐ろしかったです。

どんどん追い詰められて、最終的には高校時代の友人に「私って発達障害だったんだって、だから今まで迷惑かけてきたかもしれない、ごめんね」とメールを送って連絡先を消してしまいました。

まあ、ここまでの落ち込みは、家族の適切なサポートがあれば避けられたかもしれません。

ADHDアスペルガーは病院で診断してもらうべき?

さて、私のエピソードを読んで、「ADHDアスペルガーを病院で診断してもらっても落ち込むだけだ」と思われた方もいらっしゃるでしょう。
実際、当時の私はすごく落ち込んだし、精神科なんて行かなければよかったと思いました。

でも、今は診断を受けたことに感謝しています

それには以下のような理由があります。

  • 「できないこと」で自分を責めることがなくなった
  • 自分の新しい生き方を探すきっかけになった
  • 必要に応じて支援を求められるようになった

発達障害の人は、どうしても能力に偏りがあります。
例えば私の場合、勉強は得意でしたが体育が絶望的に苦手で、先生からはサボっていると思われる始末でした。

でも、「できないこと」を少しずつ受け入れるにつれ、自分自身を責めることも少なくなったと感じます。
同時に、発達障害なりの生き方について考え始め、必要な時に支援を求めることもためらわなくなりました。

それにより、かなり肩の荷が降りて生きやすくなったので、結果オーライだと思っています。

Check!

診断を受けた当初はショックでも、少しずつ受け入れて前進できる!

ADHDアスペルガーの診断を受けるにはまず相談を

そんなわけで、私の意見にはなりますが、自分や家族の発達障害を疑っている方は早めに相談に行くのがおすすめです。

発達障害を診断してくれる専門医を受診しても大丈夫ですし、抵抗がある場合は各自治体の福祉センターに尋ねてみてもいいのではないでしょうか。

最終的に検査を受けるかどうかは自分で決められるので、困っている方は話だけでも聞きに行ってみてください。

ちなみに、発達障害の診断を受けたら精神障害者福祉手帳を申請できるので、もし良ければこちらの記事も読んでいただければと思います。

yuukipine-lifelog.hatenablog.com

あと、場合によっては障害年金も受給できます。
発達障害だとちょっと申請がややこしいのですが、それについてはこちらを参照してください。

yuukipine-lifelog.hatenablog.com